沿革

日本付着生物学会は,その前身を「付着生物研究会」と呼んでいた。
1996年3月31日に研究会から「日本付着生物学会」という学会組織に移行し,そして同年9月10日には日本学術会議から学術研究団体として認定された。

1972年6月17日 共同利用シンポジウム「海産付着動物に関する研究の現状と問題点に関するシンポジウム」開催

1976年4月 「付着生物研究会連絡ニュース No.1」 発行

1979年12月20日 「付着生物研究 1巻1号」 発行

1996年4月1日 「日本付着生物学会」 発足

歴代会長・世話人代表

世話人代表: 馬渡 静夫,1972-1978,付着生物研究会・連絡ニュース時代

世話人代表: 平野禮次郎,1978-1984,付着生物研究会・第1-2期

世話人代表: 梶原  武,1984-1996,付着生物研究会・第3-6期

学 会 長: 梶原  武,1996-1998,日本付着生物学会・第1期

学 会 長: 山口 寿之,1998-2002,日本付着生物学会・第2-3期

学 会 長: 坂口  勇,2002-2007,日本付着生物学会・第4-6期

学 会 長: 加戸 隆介,2008-2015,日本付着生物学会・第7期-10期

学 会 長: 河村 知彦,2016- ,日本付着生物学会・第11期-


〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター
日本付着生物学会事務局
Tel 03-5937-5716 Fax 03-3368-2822
e-mail sosj-post@bunken.co.jp