【申し込み延長】2021年度秋の催し「フジツボを学び、食す」
日本付着生物学会2021年度秋の催し「フジツボを学び、食す」
オンラインミニシンポジウム

参加申込みの締切を10月12日(火)まで延長しております。
会員の皆様には,積極的なご参加,ご発表をお願い申し上げます。




主催:日本付着生物学会
開催形式:Zoomによるオンライン開催
開催日時:2021年10月15日(金曜日) 13時10分~17時10分
参加費:無料
参加定員:100名
懇親会:講演会の後にオンライン交流会を開催予定


開催趣旨:
人々の暮らしや経済活動に悪影響を及ぼす付着生物の存在は大きく、防汚が当学会の研究テーマに占める比重として大きいものがあります。しかしその反面、食材や製薬原料、付着素材開発資源としての利用性を持つものもいます。これまで広く伝統的に食されていたマガキやイワガキ、ホタテガイ、マボヤ、イガイ、海藻類とは別に、近年食材としての利用が研究され始めたミネフジツボを代表とするフジツボ類に焦点を当て、それらの生物学や食品としての優位性、利用状況の今を学ぶ機会とします。
フジツボとはいったいどのような生き物なのか?フジツボを食材として利用するうえでの戦略は?味の決め手と、肉に隠された栄養価。フジツボを地域の特産品にするための人々の奮闘ぶり。世界でフジツボはどのように漁獲され、料理されているのでしょうか。そして、食材としての資源を保全する国際的な取り組みはどこまで進んでいるのでしょうか。こういった視点で専門家の皆さんから情報を提供していただきます。

開催方法(開催場所):Zoomによるオンライン開催(配信センターを日本付着生物学会事務局(北里大学海洋生命科学部内)に設置します。)

日程:
13時10分:開会
17時10分:終了
17時30分より約1時間30分 オンライン交流会

演題・講演者氏名・所属:
1)フジツボ類とは (加戸隆介氏 北里大学)
2)絶品美味・ミネフジツボ養殖技術開発の今 (鶴見浩一郎氏 八戸学院大学)
3)ミネフジツボの脂質成分について (山田秀俊氏 帝京科学大学)
4)NHK「サイエンスZEROフジツボ」制作 秘話~脅威の能力と超絶美味を伝えるフジ
ツボだけの30分番組~ (菅野 舞氏 NHKエンタープライズ) 
5)ヒトとフジツボ-その悠久の歴史 (冨士うらら氏)
6)(仮題)西ヨーロッパ沿岸に生息するカメノテ類 Pollicipes pollicipes の利用と
資源管理-国際的な取り組みについて(Gonzalo Macho氏)

スケジュール (予定) (講演者敬称略)
    12:50-13:10    参加者随時入室   
    13:10-13:20    開会の辞・会長挨拶    河村知彦 学会長
    13:20-13:30    趣旨説明・開催案内    (司会)植田育男
    13:30-14:00    講演 1    加戸隆介
    14:00-14:30    講演 2    鶴見浩一郎
    14:30-14:40    休憩   
    14:40-15:10    講演 3    山田秀俊
    15:10-15:40    講演 4    菅野 舞
    15:40-15:50    休憩   
    15:50-16:20    講演 5    冨士うらら
    16:20-17:10    講演 6    Gonzalo Macho
    17:10              閉会の辞・交流会案内    (司会)植田育男

※講演者は当日12時~12時40分の間に接続テスト、画面共有テストを行う

シンポジウム参加希望者は下記の申込フォームに必要事項を記入のうえ、送信してください
https://forms.gle/LurATUhTfFh36iJf7
申込締め切り:2021年10月12日(火曜日)日付が変わるまで
参加定員:100名

参加者は先着順に受け付けます。定員に達した場合はその時点で参加申し込み締め切りとさせていただきます。予めご了承ください。

申込フォームの必須項目へは必ず正確な情報をご記入ください。また、フォーム2ページ目のシンポジウム参加ルールへの同意クリックも必須となっております。

2021年度日本付着生物学会総会・研究集会【終了】
 2021年度日本付着生物学会総会・研究集会を下記の要領で開催いたしますので、積極的なご参加、ご発表をお願い申し上げます。研究集会のプログラムは、日本付着生物学会のホームページ(http://www.sosj.jp/)に掲載すると共に、その旨メールマガジンでお知らせします。




日 程:2021年3月23日(火)9:30~17:20
会 場:Zoomによるオンライン開催(ホスト:北里大学内学会事務局)
参加費(総会・研究集会のプログラム、研究発表要旨集、総会資料代を含む):
1.会員(正会員 1,000円、学生会員 無料、団体会員 1,000円、賛助会員 1口につき1名無料)
非会員 2,000円、非会員学生 無料
2.参加費は、2021年3月17日(水)までに、日本付着生物学会の下記口座に振込んで下さい。
ゆうちょ銀行  振替口座 00130-9-772419  加入者名 日本付着生物学会
参加および発表の申し込み:
1.「参加・研究発表申込書」に必要事項を記入し、電子メールの添付書類として下記「日本付着生物学会事務局」宛にお送り下さい(宛先:sosj-post@bunken.co.jp)。「参加・研究発表申込書」は日本付着生物学会のホームページ(http://www.sosj.jp/)からもダウンロードできます。
2.参加・研究発表される方は2021年2月18日(木)までにお送り下さい (延長しました)。
3.参加のみされる方は2021年3月17日(水)までにお送り下さい。
4.参加費の振込が確認された参加者へ、総会・研究集会開催前に、Zoom招待状(ID、パスワード)、総会・研究集会の資料(プログラム、研究発表要旨集、総会資料)をメール添付で送付します。
5.参加および発表される方は、Zoomによるオンラインでの参加および発表が可能なインターネット環境が必要です。ご所属の機関によっては、セキュリティー上の理由でZoomの使用が制限されている場合もあります。その場合は、自宅等からの参加をご検討ください。
6.Zoomでの開催方式の詳細につきましては、開催前にお送りする総会・研究集会の資料に記載してお知らせします。また、不明な点は下記事務局にお問合せください。

プログラム
10:00~10:05 開会挨拶
10:05~12:15 研究発表(午前の部:1講演につき質疑を含め20分)
 1. 10:05~10:25
フジツボキプリス幼生着生時の表面官能基に対する選択性
○渡邊純平(千歳科技大)・三上恵(千歳科技大院))・室崎喬之(旭川医大)・野方靖行(電中研)・下村政嗣(千歳科技大院)・平井悠司(千歳科技大)
 2.10:25~10:45
着生防止基板を同時評価可能な新規フジツボ着生実験系の検討
○三上恵(千歳科技大院)・渡邊純平(千歳科技大)・室崎喬之(旭川医大)・野方靖行(電中研)・下村政嗣(千歳科技大院)・平井悠司(千歳科技大)
 3.10:45~11:05
農業用薬剤等を利用したカワヒバリガイ防除に関する検討
○小林卓也・古田岳志(電中研)・伊藤健二(農業環境変動研究セ)
-休 憩-
 4.11:15~11:35
漁礁構造物上における付着生物のハビタットマッピング
○神吉隆行・中本健太・早川淳・北川貴士・河村知彦(東大大海研)
 5.11:35~11:55
Mussel Watchに関する最新の手法と成果〜貝殻を利用した沿岸環境モニタリングへの挑戦〜
○杉原奈央子・白井厚太朗(東大大海研)・趙力強(東大大海研・広東海洋大学)・水川薫子・高田秀重(東京農工大)・小川浩史(東大大海研)
 6.11:55~12:15
淡水産有肺類リムネアから類推される"排卵誘起酵素"の存在と検出法
○尾城隆・黒川信(首都大院理生命科学)・田代有里(京都府立大院応用生命科学) 
-昼 食-
13:15~13:50 総会
14:00~15:50 研究発表(午後の部:1講演につき質疑を含め20分)
 7.14:00~14:20
深海熱水噴出域に生息するミョウガガイ類Vulcanolepas属は蔓脚上でバクテリアを培養して捕食する?
○渡部裕美・CHEN Chong(JAMSTEC)・CHAN Benny K.K.(台湾中央研究院)
 8.14:20~14:40
岩手県越喜来湾および大槌湾における付着板を用いたコケムシの出現動態に関する研究
○須山幹彦(北里大院海洋)・広瀬雅人(北里大海洋)
 9.14:40~15:00
餌料環境がコケムシの卵黄栄養型幼生の行動に及ぼす影響
○大木雄介(北里大院海洋)・広瀬雅人(北里大海洋)
-休 憩-
 10.15:10~15:30
ハイパースペクトルカメラを用いたホヤ卵透明性の種間比較
○紫藤拓巳(慶應義塾大院理工)・長谷川尚弘(北大院理)・岡浩太郎・堀田耕司(慶應義塾大理工)
 11.15:30~15:50
ホヤ付着器の機械刺激は2段階Ca2+濃度上昇を介し変態を誘導する
○堀田耕司(慶應義塾大理工)
-休 憩-
16:00~17:00 招待講演 
「ヒトの目にとまらない生き物たち」
北海道大学名誉教授 馬渡駿介

17:15~18:15 技術情報交換会(会社等の仕事内容の紹介もできます)


参加・発表の申し込みおよび問合せ先
日本付着生物学会事務局
E-mail:sosj-post@bunken.co.jp

オンラインシンポジウム「海洋利用と生物付着の制御」【終了】
2020年度日本付着生物学会オンラインシンポジウム「海洋利用と生物付着の」は無事終了いたしました。ご参加の皆様, 並びに開催にあたりましてご尽力賜りました皆様, ありがとうございました。

概要
  海洋の利用は、古来より人と物の流通にとって欠かせない海運に加え、近年では洋上風力発電や魚類の海中養殖など多岐にわたり、人類に恩恵を与えている。一方、船舶にフジツボ類など付着生物が付着し運行機能の障害となる「生物汚損」は古くて新しい問題であり、洋上風力発電施設や海中養殖施設の網に対しても様々な機能低下を生じさせる。汚損生物を防除するために、防汚塗料の開発など歴史的に様々な対策が講じられてきたが、その対策が海洋環境に与える影響への懸念もクローズアップされている。そこで、近年の海洋利用と開発の拡大に伴い、海洋環境に配慮した「生物汚損」制御が必須の課題となっている。本シンポジウムでは、海洋利用や開発に伴う生物汚損の現状を整理し、その対策技術の最新の知見を展望する。また、国際規模での制御に関する動向にも言及し、今後、海洋利用や開発に際してこの問題にどう対処するかを考える機会としたい。
  海洋利用・開発に携わる者、防汚技術開発及び関連基礎研究に携わる研究者の有意義な情報交換の場にしたいとも考えている。

基調講演者と講演内容
・野方靖行(電中研)
汚損生物としての付着生物に関する最新情報と問題提起
・中田英昭(長崎大学名誉教授)
洋上風力発電にともなう沿岸海洋の生態系影響:付着生物研究の視点から

セッションおよび講演者
(1) 汚損実態とその予測
・澤秀樹(株式会社日本海洋科学潜水事業グループ)船体汚損、水中船体清掃
・経塚雄策(長崎大学)平戸瀬戸における試験板を用いた付着生物調査について
・鶴岡比呂志(日本水産)大規模沖合養殖の技術開発と生物付着への対応
・大谷道夫(大阪市立自然史博物館)海の外来生物-その侵入過程と今後の対応について―
・眞道幸司(海洋生物環境研究所)海洋設置設備・構造物の汚損実態と防汚対策
(2) 防汚技術開発(防汚塗料を中心に)
・北野克和(東京農工大)新規防汚化合物の開発
・島田守(日本ペイント)船底防汚塗料開発における最近の動向
・山下桂司(セシルリサーチ)付着制御と新規防汚素材の開発
(3) 防汚塗料の環境影響、性能評価、国際動向
・大地まどか(東京農工大)海洋生物における船底防汚物質の毒性影響
・北村徹(日本NUS)船体付着による生物移動の制御に関する国際動向
・小島隆志(海技研)船底防汚塗料の防汚性能評価試験法
総括
・南清和(東京海洋大学)シンポジウム総括~海洋付着生物への新たな認識に向けて~


日本付着生物学会2020年度総会の協議事項につきまして
日本付着生物学会員 各位

日本付着生物学会2020年度総会の協議事項につきまして

新型コロナウイルス感染症への対応として,メールマガジン(一部郵送)で
お知らせしました2020年度総会の協議事項が承認されましたことをお知ら
せいたします。会員の皆様のご理解とご協力にお礼申し上げます。

日本付着生物学会会長 河村知彦
2020年度日本付着生物学会総会・研究集会 [中止]
新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を鑑み、日本付着生物学会2020年度総会・研究集会の開催を中止いたします。
皆様にはご迷惑をおかけすることになり誠に申し訳ございませんが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

中止に伴う対応は以下の通りといたします。

1.    日本付着生物学会2020年度総会・研究集会の「総会資料」は、会員の皆様へメールマガジンでお送りいたします。

2.    会員の皆様は、「総会資料」に掲載された協議事項について、2020年3月末日まで閲覧し、意見、異議の申し立てができます。また、承認いただける場合のご連絡は必要ありません。

3.    「プログラム、講演要旨集」は以下からダウンロードできます。「講演要旨集」に掲載された講演は発表したものと認定し、学会誌Sessile Organisms 37巻2号に掲載いたします。



日本付着生物学会会長 河村知彦

問合せ先
日本付着生物学会事務局
E-mail:sosj-post@bunken.co.jp
TEL:‭03-6824-9371‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬
FAX:‭03-5227-8631‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬
住所:〒162-0801 新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター
    日本付着生物学会事務局
シンポジウム 「三陸における付着生物研究」【終了】
2019年度日本付着生物学会シンポジウム「三陸における付着生物研究」は無事終了いたしました。ご参加の皆様, 並びに開催にあたりましてご尽力賜りました皆様, ありがとうございました。

20191018 三陸S@大槌記念写真.JPG
開催日時:2019年 10月 18日(金)9:30~16:30
開催場所:東京大学大気海洋研究所 国際沿岸海洋研究センター
   岩手県上閉伊郡大槌町赤浜一丁目19番8号

イソギンチャク類の臨海勉強会【終了】
イソギンチャク類の臨海勉強会は、会員各位のご協力の下、
無事終了いたしました。
講師の、柳 研介様・平野弥生様(海の博物館所属)はじめ、
勉強会開催にご尽力いただいた、千葉県立中央博物館分館
海の博物館関係各位に深謝いたします。

(運営委員 植田育男)

IMG_1981.JPG
2019年7月5日, 於 千葉県立中央博物館分館 海の博物館
2019年度日本付着生物学会総会・研究集会<終了>
 2019年3月26日, 東京海洋大学 品川キャンパス 楽水会館にて2019年度日本付着生物学会総会・研究集会が開催されました。ご参加の皆様, 並びに開催にあたりましてご尽力賜りました皆様, ありがとうございました。
20190326集合写真.JPG

海洋環境影響を評価するアッセイ法に関する最新の話題<終了>
2018年11月29日から30日にかけ, 鹿児島大学附属図書館水産学部分館1Fセミナールームにおいて日本付着生物学会が共催する公益社団法人日本マリンエンジニアリング学会 主催 第5回ワークショップ「海洋環境影響を評価するアッセイ法に関する最新の話題」がで開催されました。ご参加の皆様, ならびに開催にあたりましてご尽力賜りました皆様, ありがとうございました。

20181130鹿児島ワークショップ.JPG

主 催:公益社団法人 日本マリンエンジニアリング学会(JIME) 海洋環境研究委員会
共 催:日本付着生物学会
日 時:2018年11月29日(木)-30日(金)
場 所:鹿児島大学附属図書館水産学部分館1Fセミナールーム 
           〒890-0056 鹿児島市下荒田4丁目50-20

日本学術会議主催公開シンポジウムのご案内
日本付着生物学会が後援する, 日本学術会議主催のシンポジウム「2050年の水産資源を日本の食卓から考える」が以下の要領で開催されます。詳細は下記ポスターをご参照ください。


日本学術会議主催公開シンポジウム「2050年の水産資源を日本の食卓から考える」
日時: 2018年11月10日13:00ー17:00
場所: 日本学術会議講堂(〒106-8555 東京都港区六本木7丁目22-34)
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター
日本付着生物学会事務局
Tel 03-6824-9371 Fax 03-5227-8631
e-mail sosj-post@bunken.co.jp