2018年度日本付着生物学会シンポジウム<終了>
2018年10月12日, JAMSTEC 横浜研究所 三好記念講堂にて2018年度 日本付着生物学会シンポジウムが開催されました。ご参加の皆様, ならびに開催にあたりましてご尽力賜りました皆様, ありがとうございました。

002.JPG

テーマ
2018年度日本付着生物学会シンポジウム
「刺胞動物の付着:その不思議でユニークな生態や機能」

開催日・開催場所等
開催日: 2018年10月12日 (金曜日)
開催時間: 10時30分~17時30分 (途中昼食休憩1時間)
開催場所: JAMSTEC横浜研究所 三好記念講堂

開催趣旨
日本付着生物学会では、例年秋季にシンポジウムを開催しています。
これまでに生物の分類群から構成したシンポジウムとしましては、軟体動物二枚貝類のイガイ類に関するもの (1999年開催)、節足動物甲殻類のフジツボ類に関するもの (2004年開催)、同じくフジツボ類の国際サテライトシンポジウム (2008年開催) といった分類群についてで、付着生物の重要な一角をなす刺胞動物に関しては、これまでテーマにしたシンポジウムは開催されたことがありませんでした。
刺胞動物の興味深い生活史として、浮遊生活のクラゲ期と付着生活のポリプ期の双方を一生に持つものが多くおり、そのうちポリプ期の生活について、興味ある事象は色々と報告されてはいるものの、一堂に会して報告された機会が少なかったといえます。
そこで日本付着生物学会として、付着期の彼らの生活に注目した話題でシンポジウムを開催し、付着する刺胞動物の発生や生態について、最新の情報を提供する機会とします。

〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター
日本付着生物学会事務局
Tel 03-6824-9371 Fax 03-5227-8631
e-mail sosj-post@bunken.co.jp